07 | 2012/08 | 09
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:ちび所長
ちび所長

親より大人な四歳児の母親やってます。
お昼はお仕事してます。
独学で一級建築士取得に挑戦中です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

最近の写真(アイコン風)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後始末

2012.08.12 14:46|日常
先月末、義父が急死いたしました。

突然の事で、実感がわきませんでしたが、遠方に一人暮らしされていたので
遺品整理や葬儀の手配をさせていただきました。

遠方ゆえに子供の長旅を心配し、もうちょっと大きくなったらでいいからと
義父には言われていたのですが、無理してでも子供に会わせればよかった・・・
ただ悔やまれます。

やっと落ち着き、あとは49日の法要と納骨のみになったので
ブログの再開をしようと思いました。

人の命はいつ尽きるのかわからない
本当に後悔しないよう生きていきたい。

そして遺品整理をしていて
うちにある不要なものは捨てておこうと思いました。

義父の部屋は比較的奇麗にされていて、不要なものが少なかったです。
遺品整理中、持ち物はその方の性格を表すなと思いました。
用心深かった義父は予備をいくつか準備していたり、印鑑もいくつかにわけていたり
家電の付属品はなくさないように本体の一部に張り付けてたりと
持ち方に性格がでてました。

片づけをよく「後始末」といいますが、
自分の最期を考えたら後始末はしっかりしなければと思いました。
その後始末は日常の後始末の延長であり積み重ねだとも思います。

親しい方に整理収納のお話をさせて頂く事がありますが(あ、整理収納一級もってるんで)
今回の遺品整理は今までにない角度から
物との付き合い方、関係を考える機会にもなりました。
また新しい切り口で理論を構築できそうです。

どんな経験も全て何かの学びを秘めている。
義父の死は悲しい事実ですが、その中にも

人はいつこの世を去るのかわからない。だから月並みだけど後悔や言い訳の無い人生を
今出来ることをして一生懸命楽しく生きたい。

そして後始末をちゃんとしていきよう。

そう思いました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。